92才の暮らしスタイル | 整理の教室 WAKEWAKE(ワケワケ) 金沢市の整理収納アドバイザー 片付けのレッスン

92才の暮らしスタイル

カテゴリ:news
投稿日:2017年11月3日

母のショートステイの打ち合わせと契約の立ち会いのため昨日実家に行ったらこんなクッションカバーがあった。
縮んで着なくなったセーターの袖を切って作ったようで、袖ぐりのカーブとボタンがいかにも手作りで結構可愛い。
下に写っているパッチワークのベッドカバーも母の手作りだが、毎日何かしら手先や体を動かす、頭を使うことを心がけているそうだ。
一人で暮らすということは、自分がこうありたいという理想というか目指すスタイルを持っていないといくらでも崩れて行く可能性がある。
私が92才になったときはどんな婆さんになっているのか?
いや、そもそもそんなに長生きできる気はしないのだけど。