環境改善は意見交換できる環境にすることが大事 | 整理の教室 WAKEWAKE(ワケワケ) 金沢市の整理収納アドバイザー 片付けのレッスン

環境改善は意見交換できる環境にすることが大事

カテゴリ:news
投稿日:2019年7月28日

25日は羽咋中学校にて羽咋市教育研究会・学校事務部会様のセミナー講師をさせていただきました。
テーマは「今やるべき環境改善とファイリング」。

20名の事務職員さんたちに職員室、教材室、印刷室を見てもらい、現在の問題点と改善案のワークをやっていただいたのですが、他校の職場のため第三者的意見が沢山出ました。
この学校の前任者もいらっしゃったのですが、当時備品の配置に苦労し悩んだ末現在の形に決定されたとおっしゃっていました。
そうした前任者の思いやその時の状況、現在の担当職員さんの仕事の段取り、第三者の意外な視点、それらを聞いてどれもが頷けるものでした。
プロから見てどうしたら良いと思うか?という質問も出ましたが、私は簡単に即答はできない。
なぜなら現在その備品や場所を使っている方同士が相談をし、自分たちで改善策を見つけていかなければ真の答えは出ないからです。とお伝えしました。
環境改善活動をすると当初はみんながいい気分になるわけではありません。
腹が立ったり悔しかったり逃げ出したくなったり・・・。
』でもそのぶつかり合いがあるからこそ単なる妥協ではなく納得のいく改善策が生まれるのだと思います。
それぞれ自校に戻られた職員さんたちが恐れず小さな勇気を持って環境改善を実践していただけることを祈ります。