思い出のモノの取扱い方 | 整理の教室 WAKEWAKE(ワケワケ) 金沢市の整理収納アドバイザー 片付けのレッスン

思い出のモノの取扱い方

カテゴリ:news
投稿日:2019年3月22日

昨日のお片づけサポートはウオークインクローゼット。
(写真掲載はご承諾をいただいています)
beforeの写真はありませんが、以前のクローゼットは衣類や寝具、雑貨がギューギュー詰めで足の踏み場もない状態でした。
そこでまず要、不要、迷うモノを区別。
不要で手放すモノは廊下にいっぱいになりました。

そして区別の作業中に発掘したお父様の遺品のベストと帽子は
たっぷり余裕ができたハンガースペースに掛け、見える思い出コーナーに。
奥様は「こうして掛けておくと戒めというか父に見られているような気になるので、これからはきちんと片付けようと思います。」とおっしゃっていました。

よく思い出の品をどうしたらいいですか?という質問を受けますが、「見ていたいなら飾ればいいし、そうでもないなら綺麗な箱で保管してください。ただいずれの場合も存在を忘れたり埃だらけになるようなら、扱い方の見直しを。」とお伝えしてます。