母娘の片付け | 整理の教室 WAKEWAKE(ワケワケ) 金沢市の整理収納アドバイザー 片付けのレッスン

母娘の片付け

カテゴリ:news
投稿日:2019年3月17日

昨日は輪島市の町野町へ。
以前、片付けサポートをさせていただいた野々市のお客様から輪島のご実家の片付けをしたいということで、娘さんとともにお伺いしました。
きっかけはお一人暮らしをされているお母様が最近足腰に負担を感じるようになり、畳生活からソファーに腰掛ける生活に変えたい、で、
これを機に居間をスッキリさせたいということでした。

最初に拝見した時は大きな家具がドーンと2つ。
ここにソファーを置くとかなり窮屈な感じになるなと思ったのですが、家具のレイアウトを変えるか整理次第では家具を減らせるかな?と思ってお母様に提案しました。

いざ整理を始めると娘さんもびっくりするほどお母様はサッサと区別ができて、不用品がたくさん出ました。
またお正月しか使わない十二支の置物など季節用品や、飾りたいわけではないけど持っていたい思い出の品はそれぞれ箱に入れて別の場所に保管。
お孫さんが遊びに来た時しか使和ないおもちゃや絵本は別の場所に移動。
その結果、なんと家具は1つで事足りるようになり、使いやすい位置に配置換えしました。

またこれまで家具の上にいろんなものが山済みになって埃が被っていましたが、整理で余裕が生まれたのでガラス棚の部分にお母様が好きなモノだけをきれな状態で置くことができました。

そしてソファーは今は殆ど使っていない応接間のソファーを活用。
早速ソファーに腰掛けたお母様が「あ〜、楽〜」とおっしゃっていたのがとても印象的でした。

帰りの車の中で娘さんが「すごく広々したし母は満足したと思います」とおっしゃってくださいましたが、「もしかしたら娘さんからの片付けプレゼントというありがたさで頑張り過ぎたかもしれません。
1週間ほどしたら電話でストレスがないか様子を聞いてみてくださいね」とお願いしました。
今回の片付けで娘さんはお母様の暮らしぶりや意外な側面も発見できたみたいです。
そういう意味でも母娘が一緒に片付けることの意味は大きいいなと思いました。

因みにお部屋の写真はちょっとNGだったので、周辺の田園風景とお土産にいただいた畑の野菜を載せました。